FEATURE

2016/05/17

デザイナーインタビュー
vol.4 “THE THINGS WE KEEP”

  • ツイート
  • ツイート
  • LINEで送る
デザイナーインタビュー vol.4 “The Things We Keep”

3月25日(金)に誕生したアクセサリー、ジュエリー、雑貨をセレクトした新業態「decor URBAN RESEARCH」
その「decor URBAN RESEARCH」を形成するのは世界中から生み出された素晴らしいアイテムの数々。

→2016年3月25日(金) decor URBAN RESEARCH NEWoMan SHINJUKUオープン

厳選しセレクトされたジュエリー・アクセサリーデザイナーの想い、アトリエの中からプライベートまでインタビュー。

第4回目は“THE THINGS WE KEEP”。
是非ご覧ください。

10 Questions for Kay Wang(ケイ・ワング) , THE THINGS WE KEEP デザイナー

1. 自身のジュエリーブランドをスタートした経緯を教えてください。

長い間、いつか子供に受け継ぎたいと思えるぐらいの美しいものを作りたいと思っていたのと、自分自身が、10年後、20年後も身に着けていたいと思えるジュエリーが見つからなかったというのもあって、9年間働いていたマーケティングの会社をやめて、2012年に自分のブランドをスタートしたの。

2. ブランド名の由来は?

当時、断捨離をしている友達が回りに多かったんだけど、皆が口を揃えて言うのは、自分にとって何か大きな意味があったり、思い入れがあったりするものは、どうしても手放せない、ということ。そこから、TTHE THINGS WE KEEPというアイディアが生まれたわ。
日々の暮らしで、どんどん物は増えていくけど、ずっと取っておきたい、手元に残しておきたいと思えるものこそが、一番大切なものなのよね。
実用的でありながら、エレガントでタイムレス、そして長い間大事にしてもらえるようなジュエリーを作り続けることが私のゴールよ。

3. ブルックリンにお住まいとスタジオを構えていますが、この街があなたのデザインや制作活動に影響していると感じますか?

ブルックリンはとてもクリエイティブな雰囲気があるわね。
活気があって、刺激があって、いつも何か面白いことが起こっているから、間違いなく私も影響を受けているわ。
常に変化している街なので、私のデザインにもその変化が感じられると思うわ。

  • デザイナーインタビュー vol.4 “The Things We Keep”
  • デザイナーインタビュー vol.4 “The Things We Keep”

4. デザインプロセスを教えてください。

頭の中で長い間温めているビジュアルを、スケッチに描き出すの。それを元にサンプルを手作業で作っていくけど、失敗した時の方が、良い仕上がりになることが多々あるわね。
最初のサンプルを作成してから、5、6回ぐらい修正して、仕上がるのに数か月かかることも。
簡単なことではないけど、自分の感受性に対しても発見があったり、インスピレーションが加わって、自分では想像しなかったようなデザインに仕上がったりすることも多いの。

デザイナーインタビュー vol.4 “The Things We Keep”
  • デザイナーインタビュー vol.4 “The Things We Keep”
  • デザイナーインタビュー vol.4 “The Things We Keep”
  • デザイナーインタビュー vol.4 “The Things We Keep”

5. デザインする時に、どんな女性をイメージしていますか?

日常生活の小さなことでも大切にする人、トレンドに惑わされず、自分に何が似合うかを知っている女性。
あと、自分自身にシリアスになりすぎていない女性ね。
エレガントだけど気ままさがあって、タイムレスだけど遊び心がある女性といったところかしら。

6. お気に入りのジュエリーやスタイリングのコツを教えてください。

Emman Ringは毎日身に着けているわ。リングを回すと、デザインが変わるところがポイントよ。
Mabill Earringsと名付けたユニークな形のピアスは、カジュアルなスタイリングをドレスアップすることもできるし、ドレスアップしたスタイリングをカジュアルダウンすることもできて、お勧め。

  • Emman Ring

    Emman Ring ゴールド:17,000円+税 / シルバー:20,000円+税

  • Mabille Earings

    Mabille Earrings 22,000円+税

  • デザイナーインタビュー vol.4 “The Things We Keep”

    KIET CUFF ゴールド:18,000円+税 / シルバー:22,000円+税

7. 自分のジュエリーをどんなスタイリングに合わせていますか?日々愛用しているお気に入りのブランドも教えてください。

私はインディペンデントなデザイナーとヴィンテージをミックスするスタイルがお気に入り。
身体に馴染んだ80年代のRalph Laurenのジーンズは私の定番。友人のデザイナーのIlana Kohnのリネン素材ショールは最高よ。Black Crane のMomoがデザインする洋服も数えきれないぐらい持っているわ!
ドレスアップするときは、Black Craneのジャンプスーツかオーバーサイズのプリーツドレスに、ストラップ付きのハイヒールを合わせるの。

8. ブルックリンのお気に入りの場所を教えてください。

【スポット】 川沿いにあるTransmitter Parkはピクニックに最適。Prospect Parkや歴史が感じられるDitmas Parkを散歩するのも好き。あと、土曜日にBorough Parkの8th Avenue沿いを歩くと、まるで香港にいるような気分になって、面白いわよ。

【ショップ】 Boerum HillにあるThe Primary Essentialsは、お気に入りの雑貨店。オーナーのLaurenがセレクトするものは素敵なものばかりで、特にホームプロダクトは必見。Sahadi’sは食いしん坊の私にとってはパラダイス!オリーブ、チーズ、ハムなどがとてもお買い得だし、他のお店では手に入らないスパイスも豊富に揃っているの。レコードを探すなら、Williamsburg のRough Trade。

【レストラン】 ジャパニーズ・レストランだったら、Crown HeightsのSilver Rice。Park SlopeにあるイタリアンBroccolinoは、新鮮なホームメードパスタを楽しめるわ。完璧なアルデンテで出してくれるのがポイント。FlatbushにあるTaste The Tropics は、今まで食べた中で一番のアイスクリームで、Grape Nutがお勧めのフレーバー。カクテルとオイスターを楽しむなら、WilliamsburgにあるMaison PremiereやGreenpointにあるTroostかしら。

9. リフレッシュするためにしていることはありますか?

旅行することが一番のリフレッシュ方法ね。
旅行すると、その国についても、自分が住んでいる国についても考え方やものの見方が変わるわ。
でも、近場のLong IslandやHudson Valleyに行って自然に囲まれた場所で過ごすだけで、リラックスできて、元気が出るわね。

デザイナーインタビュー vol.4 “The Things We Keep”

10. 今まで行った旅先の中で一番印象に残っている国はどこですか?そして、次に行きたい国は?

アイスランド!
極寒の中、一人で旅行したの。突風が吹き荒れる中、アイスランドをドライブしていたら立ち往生してしまって、生きて帰ってこられたのは幸運だったわ。
トルコのカッパドキアでのった気球から眺めた絶景も印象に残っているわね。
次に行きたいところは、キューバ、クロアチア、そして日本よ!

  • デザイナーインタビュー vol.4 “The Things We Keep”

    アイスランド

  • デザイナーインタビュー vol.4 “The Things We Keep”

    カッパドキア

5月18日(水)よりdecor URBAN RESEARCH NEWoMan SHINJUKUではBrooklyn Modernと題し、モダンでユニークなデザインが特徴のジュエリーブランド“THE THINGS WE KEEP & Odette New York”の2ブランドをフィーチャーいたします。
ブルックリンならではの世界観を是非感じてみてください。

Brooklyn modern

BROOKLYN MODERN

【開催期間】5月18日(水)〜5月29日(日)
【開催店舗】decor URBAN RESEARCH NEWoMan SHINJUKU
〒160-0022 東京都新宿区新宿4丁目1-6 ニュウマン新宿2F
TEL:03-6457-8626

Instagram @decor_urbanresearch

> イベント詳細はこちら

pagetop