FEATURE

2019/04/19

YM / UR
ミキさん インタビュー「冗談から生まれた、まさかのコラボ企画が実現!」

  • ツイート
  • ツイート
  • LINEで送る

大阪という枠にとどまらず今や日本一いや、世界一オモロイ企業のよしもとクリエイティブ・エージェンシーと、大阪アメ村に端を発する我々アーバンリサーチがついにコラボしました!
巷に溢れる単発的な企画ではなく、世界一元気な都市、大阪というバッググラウンドを背景にもつ両社ががっぷり四つに組んだ濃厚で重厚なコラボ企画がスタート!!

第一弾では千原せいじさんが登場してくれ、仕事でもプライベートでも関連性の深い「旅」をテーマに、自身の経験に裏打ちされたトラベルウェアを展開しました。 企画モノだとナナメに思われがちなコラボ企画ですが、実体験に基づいて構成された、本当に必要な機能性とデザインを施した本格ウェアは、評判も上々の滑り出しを切ることができました!

そして、第一弾の余韻冷めやらぬまま続く第二弾のお相手は、、、、

仲良し兄弟コンビとしても知られ、正統派しゃべくり漫才で人気の漫才師「ミキ」さんです!
コラボするアイテムは、お二方のアイコンでもあるメガネ。

さらに今回は「パリミキ・メガネの三城」さんにもご協力いただいたスペシャルなトリプルコラボ企画でもあります!

YM / UR ミキさん インタビュー「冗談から生まれた、まさかのコラボ企画が実現!」

冗談から生まれた、まさかのコラボ企画が実現!

お忙しい中、企画をお受けいただいてありがとうございます!
「ミキ」というキーワード繋がりのアイデアを思いついて、打ち合わせで盛り上がったはいいですが、両社(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属ミキ様、パリミキ・メガネの三城様)とも快く受けていただけるとは思ってなかったので嬉しいです!

兄の昴生さん:とんでもないです!こちらこそお声がけいただいてありがとうございます! 弟の亜生さん:ありがとうございます!

※以後、兄の昴生さん⇨兄 弟の亜生さん⇨弟

実際にこのお話を聞いたときはどのような気持ちだったんですか。

兄:めっちゃ嬉しかったですよ、ほんまに。

弟:僕らツイッターとかでコラボしませんか的な感じで結構言ってたんですよ。それに先輩にも結構言われてまして。ミキコラボないんかって。

兄:そうそう。メガネのミキさんでしょ、それにミキプルーンさん、あとミキハウスさんもあるのになって。

弟:それで、以前ミキプルーンさんには営業で呼んでいただけまして。で、今回はパリミキ・メガネの三城さんでしょ。

兄:後はミキハウスさんと何かできたら制覇やなって思てます笑。

弟:お兄ちゃん結婚したし子供できたら、子供服一緒に作らしてもろたらええやん!

今回、喜んで引き受けていただいていたようで良かったです。
今回はお二方のアイコンとも言える「メガネ」を一緒に作りたいと考えています。
それにあたってまずは、普段のファッションに関してこだわりなどがあれば教えていただきたいのですが。

190412_miki-interview_01

兄:そうですね、プライベートと仕事で、メガネとか服は分けてますかね。
プライベートのメガネは亜生のと一緒なんですよ。メガネ屋さんで色々と試してこれええな。って思って決めて買ったんですけど。どうも見たことあるなって思ってたんです。それで亜生がしてたヤツやってお会計の後に気づいて。でも今から辞めるのもなんやし、もうええかって笑。

弟:うそやん。お兄ちゃん俺に憧れて一緒の買ったんちゃうん?

兄:ちゃうわ、ほんまに偶然やって!

弟:だってお兄ちゃん、僕が行きつけの洋服屋を嗅ぎつけて、そこ通い出してんですよ。前にふらっといつものように顔出したら、仲良うしている店員さんがめっちゃニヤニヤしてて。なんやろ?って思ってたら奥からお兄ちゃん出てきて。教えてもないのに。こわって思って。ストーカーなんちゃうかなって。

兄:なんで弟のストーカーすんねん!

弟:それに僕ら「お上りシステム」やし。

お上がりシステム?それはなんですか?

兄:普通はお兄ちゃんのお下がりを弟が着るでしょ。うちは逆なんです。弟の服を兄がもらうっていう笑。

弟:そうそう。今お兄ちゃんが穿いているデニムもプレゼントしましたもん。

ほんとに仲良いんですね。亜生さんはどうですか?

弟:僕もお兄ちゃんと一緒で、メガネも服も、プライベートと仕事で使い分けてますね。
普段の服は黒とかグレーが多いですかね。あとベージュが好きやったりするんで、全身そんな時もありますよ。サイズも大きめのが多いですかね。プライベートではゆっくりしたいのでリラックスできるのが好きなんですよね。だから「お上がり」する時に、お兄ちゃんも着れるんです。あ、それと私服の時はメガネは太フレームのモデルをつけることが多いですかね。

なるほど。お上がりの時に、(服の)サイズのこと気になってたんですが納得がいきました笑。
お二方ともプライベートと仕事で、メガネを使い分けてらっしゃるとのことですが、テレビでお見かけすると決まったスーツを着てらっしゃいますよね。そのあたりも何かこだわりがありますか。

弟:スーツ着ると、くるぶしを必ず見せられるようにロールアップして、靴下で遊んでますね。それで気分転換してます。

兄:スーツはもう戦闘服やと思うてます。着替えると気持ちも切り替わって、仕事モードになるというか。ほんで小さくてテレビでは見えへんと思うんですけど、亜生と僕は必ずピンバッチをジャケットのラペル(襟)につけてます。
じつはこれ、僕らミキのファン第一号である方がプレゼントしてくれたんです。手作りで。

弟:そう。僕はイニシャルのAMで。真ん中には大好きな猫のシルエットが。

兄:僕はディズニーが好きなんでKMで、ミッキーらしきシルエットが真ん中にデザインされてます。
持ってきますんでちょっと待っててください!

(一旦中座して、スーツを持ってきてくれました)

兄弟:ほらこれ!すごいでしょ!

これはすごいですね。ファンの方もすごいですし、それを必ず身につけてらっしゃるお二方も素敵ですね。大事にしてらっしゃるのも伝わってきます。

では再びインタビューに戻って、ここからはメガネに関して質問させてください。
メガネ人生はいつからになりますか。

弟:中一くらいからメガネかけてましたね。

兄:僕はずっとメガネには憧れがあって、高一の頃に伊達眼鏡をかけてました。で23〜24歳頃だったかな。ある時、あれ?目悪いかもしれへんって気づいて。メガネ借りたら、こんなに世界はクリアで綺麗やったんか!って気付かされたんです。それからですね。

メガネに関してはお上りではなかったんですね笑。

弟:そうや、僕に憧れてメガネかけたんちゃうの?

兄:なんでやねん。なんで俺が中学生のお前に憧れなきゃならんねん!俺が亜生に憧れ出したのは、お前が20歳くらいの頃や!それに亜生、中学んとき、ちょっとおかしかったやんか。急に闘莉王みたいなモヒカンにして、しかも金髪やったやんか。どこに憧れんねん!

ちなみに現在、メガネはいくつお持ちなんですか。

弟:僕は6つでそのうちの2つが仕事用です。

兄:僕は4つで2つが仕事用ですね。

190412_miki-interview_02

メガネを選ぶポイントなどあったら教えていただけますか。

弟:仕事用のメガネは折れないタフなものにしてます。僕ってボケじゃないですか。だから当然頭シバかれて、ツッコまれるんですけど、決まったところにお兄ちゃんが叩かれへんから笑。
それで一回、本番中に壊れたんです。真ん中のところのブリッジがぱっかーんって。その頃は出たての頃やし、気合い入れて高いメガネ買うたんですけど、すぐに壊れちゃって。
あん時は僕も不機嫌になっちゃって。ボケも小さくやったりとかして笑。
お兄ちゃんずっと小声で、「ごめんな。ごめんな」って。

兄:ほんまにね。「ごめん。怒らんといて。許して」ってずっと言ってた笑。

弟:そういったこともあったから、鼻のところ(ノーズパッド)がずれにくくて、ブリッジやフレームが折れにくいメガネを仕事の時はしてますね。それと顔がぼやっとしちゃうので、黒フレームで顔まわりをはっきりさせるのも意識してます。

兄:僕はそんなこだわってないねんけど、仕事の時のメガネはオシャレすぎないってことがポイントですかね。キャラもありますし。そりゃ亜生のみたいな丸っこいオシャレなのかけたいわ。

190412_miki-interview_02

なるほど。ではメガネに関しての思い出などはいかがですか。

弟:思い出っていうか、福岡でのロケで海に飛び込んでメガネをなくしまして。

兄:あーあの時、なんとなく亜生飛び込むやろなって思ってたわ。メガネしてるの忘れてるんちゃうかってちょっと心配して。
そしたら案の定、そのまま飛び込んで、海から出てきてたら、やっぱり失くしてた笑。

弟:で、その仕事が自由なアポなしロケみたいな感じやったんで、ディレクターさんにお願いして、じゃぁこのあと、失くしたメガネを買いに行くロケってなったんです。
てっきりお手頃なメガネ屋さんに行くんかなておもてたんですけど、場所ついたら福岡でも一二を争う高級セレクトメガネ屋さんで。

兄:置いてあるの、最低でも7万くらいやったもんな。

弟:そうそう。その時買ったのが今してるやつです。

190412_miki-interview_06

昴生さんはいかがですか。

兄:コントなんですけど、メガネに赤いスプレーを吹きかけられて。それで収録終わってから洗ったんですけど、綺麗に落ちひんくて、そのまま家に帰ったんです。
そしたら、そのメガネ見た嫁が黙って汚れを落としてくれて。僕はまた買えばええやん。って言ったんですけど。
あんた、このメガネを通して舞台からの景色なんかも全て見てきたんやろ。大事にせなあかんやん。って言うてくれて。キレイにしてくれたんです。ええ嫁でしょ。

弟:まぁ嘘なんですけどね。

兄:ほんまや!

190412_miki-interview_02

漫才のような掛け合いをありがとうございます!
では、ここからは今回の企画で誕生したメガネに関して質問させてください。

今回はお二方それぞれの名前が刻印されたモデルが3型ずつ計6種完成しました。
商品を見ていかがですか。

  • 亜生さんモデル

    亜生さんモデル

  • 昴生さんモデル

    昴生さんモデル

(手にとって見て)
弟:うわ!めっちゃいい!すげー!ほんまにコラボできたんですね!亜生って名前も入ってる!これほんまに嬉しいです!

兄:これ全部?

もちろんです!

兄:いやだって、亜生モデルならまだしも。あ!ほんまに昴生って刻印も入ってる!
なんか申し訳ないなぁ。昴生モデルがほんまに世に出るとは!めちゃくちゃですね、アーバンリサーチさんは。僕、一切責任は負いませんよ笑。

ちなみに掛け心地などはいかがですか?

弟:めっちゃ軽いし、かけやすい。新しいメガネって、掛けて最初すぐに耳裏あたりからすごく痛なってきて慣れるまで大変なんですが、これはならないですね!
金具もあるので(テンプル裏にデザインされている)、全体的に軽いんやけど、軽すぎなくてしっくり掛けられますね。僕は特に漫才中はシバかれるので、メガネの掛け心地に安定感があるのも大事なんで。それに横から見たらデザイン的にもかわいい!
こっちのモデル(シルバーフレーム)は今までしてこなかったデザインでもあるので、プライベートで愛用したいですね。

兄:僕のも軽いし掛けやすい!このモデル(黒フレーム)なんかめっちゃおしゃれ。こっちの茶色の方も僕のイメージカラー出てるし、普段掛けているのに近い。仕事用としてもええな!

メガネケースとメガネ拭きはいかがですか。

弟:ケース、メガネ拭きの色どちらも、お兄ちゃんと僕で、茶と緑それぞれのイメージカラーがうまく出ましたね。ケースにもメガネ拭きにも名前の刻印入りやし!
(メガネ拭きを見て)
あ!YOSHIMOTO KOGYOって書いてある!KOGYOて。。うちの事務所な笑。でもめっちゃ嬉しい!

兄:僕の名前入ってるのはやっぱり嬉しい!昴生(コウセイ)って名前かっこいいでしょ?こう見て改めて昴生って名前でよかったなって。まぁ、名前負けしてるんですが笑。

  • 亜生さんモデル

    亜生さんモデル

  • 昴生さんモデル

    昴生さんモデル

どういった方に掛けていただきたいですか?

弟:もちろんファンの方にはぜひっ!て思います。でも普通にオシャレのアイテムとして掛けてもらえたら嬉しいです。僕らを知らない人が、店でメガネを見つけて、かっこええなと思って手にとってくれたら最高ですね!

 

兄:僕が普段漫才中に掛けてるメガネは、とあるメガネ屋さんのなんですが、一番人気がないらしく。いつ行っても在庫ございます!って店員さんに言われるんです笑。でもこれやったら、亜生の影に隠れた数少ない昴生ファンもオシャレとして掛けてくれる気がします!
これ掛けて漫才見にきてくれたら、他の人には普通にオシャレなメガネってことでわからないでしょうけど、僕には、俺のモデルや!って舞台からもわかりますしね。
あとは嫁にも掛けてほしいから、夫婦で掛けようかな。夫婦仲良いイメージを今から作っとかんと笑。

それでは最後に、今回改めてこのコラボ企画を振り返っていかがでしたか。

兄:さっきも言いましたけど、ほんまにメガネのミキさんとは何かやりたいってずっと思ってたから念願叶って嬉しい!

弟:ましてアーバンリサーチさんも一緒にできるなんて。これは最強コラボですよ。ぜひみんなに掛けてほしいです!

兄:あとは宣伝用?なんかな。動画も撮ってるんでぜひ店頭で見てくださいね!いただいた台本のセリフと動きをやったんですが、やってて、これなんやねん!ってほんまにツッコミましたもん。

弟:笑。そこらへんも店頭でぜひ見てもらえたらと思います!

interview&text RYOSUKE MIURA (URBAN RESEARCH CO,.Ltd.)

> SPECIAL PAGE

【関連記事】
▼第二弾
> よしもとクリエイティブ・エージェンシーとアーバンリサーチのコラボ企画「YM / UR」第2弾!芸人「ミキ」×「パリミキ・メガネの三城」×「アーバンリサーチ」のスペシャルなメガネを発売
> YM / UR ミキ × パリミキ・メガネの三城 LOOK

▼第一弾
> よしもとクリエイティブ・エージェンシーとアーバンリサーチのコラボ企画「YM / UR」がスタート!注目の第一弾企画は千原せいじさんの「SEIJI TECH」
> YM / UR 千原せいじさんに聞く SEIJI TECHと旅にまつわるあれこれ
> YM / UR SEIJI CHIHARA – SEIJI TECH LOOK

pagetop