NEWS

2013/10/01

URBAN RESEARCH KYOTOにて、都市探求をテーマにしたエキシビション 「地域めいさく研究所」開催

  • ツイート
  • ツイート
  • LINEで送る
10/3(THU)~10/31(THU)の期間中、URBAN RESEARCH KYOTO地下1階ギャラリーフロアにて、「地域めいさく研究所」と題して、各地域に眠る、「めいさく」を紹介するエキシビションを開催いたします。

今回のテーマは「京都」。

各地域に根付くモノやカルチャーを通して、各地域の「今」の空気を研究する架空の研究所、「地域めいさく研究所」。
この研究所では、誰もが知っているモノから、日の目を浴びていない知られざるモノを、日々追い続け、考察しています。
ピックアップした地域は、「古都・京都」。この都市に根付くプロダクトは、どれも長い歴史なかで、技術を継承しながら育まれてきた「めいさく」ばかり。
しかし、京都にあるプロダクトはそれだけではありません。長年、培われてきた技術を基に、新たなプロダクトが生まれています。

そこで今回のエキシビションでは、伝統工芸という視点ではなく、今、京都で生まれている「めいさく」を紹介いたします。
期間中、「めいさく」を生み出す職人の方々によるトークショーも開催予定。
是非、この機会に、新たな京都の一面を覗いてみてはいかがでしょうか?
イベント詳細

地域めいさく研究所

会期:10月3日(木)~10月31日(火)

会場:URBAN RESEARCH KYOTO地下1階ギャラリーフロア

住所:〒604-8045 京都市中京区寺町通円福寺前町285

電話番号:075-255-3808

営業時間:11:00〜21:00

定休日:不定休

参加ブランド
BOLTS HARDWARE STORE 主に建築、インテリアにまつわるオリジナルプロダクトのデザイン、製造をメインに家具やパーツ、またショップや住宅などの空間設計を得意とする。
選ぶ素材は適材適所。製造方法、こちらが伝えたいメッセージなどを踏まえ決定。色気や遊び心も大切だが、まずは技術、構造的に無理のないデザインを心掛けている。
SIONE コンセプトは「読む器」例えばひとつの小説を読み終えたときの余韻のような例えば特別な洋服に袖をとおしたときの高揚感のようなsioneの器は日常の生活を非日常へ切り替える。

河原 尚子 / SHOWKO KAWAHARA
sione ブランドデザイナー
京都出身 6代続く窯元「真葛焼」に生まれる
2009年10月 Springshow Co.,Ltdを設立 同年 sione を発表
http://www.sione.jp/
PULL+PUSH PRODUCTS. PULL+PUSH PRODUCTS.(プルプッシュプロダクツ)は2002年よりスタートしたクラフトブランドです。京都太秦を拠点に活動をしています。デザインから製品製作、梱包、発送まで、自分たちの手で行っています。PULL+PUSH PRODUCTS.のモノ作りのコンセプトは「素材」と「ストーリー」です。使うときの楽しさや、触れたときの質感を大切にしたアイテムを発表しています。大量生産や、高度な機械を使っての精密な製品作りはできませんが、ヒトの手だからこそできる、繊細で作り手の温度が伝わる作品をお届けしていきたいと思っています。

アトリエ:
〒616-8157 京都市右京区太秦御所ノ内町2-16
TEL&FAX_075-882-5010
ppp@pull-push.com
http://pull-push.com


佐藤 延弘/Nobuhiro SATO
クラフトデザイナー
1977年生まれ。99年京都精華大学デザイン学科建築分野を卒業。
造形製作会社を経て、2002年「PULL+PUSH PRODUCTS.」として活動開始。
素材とストーリーをコンセプトに、手仕事でプロダクトを生み出す。

宙-sola- sola cubeは植物の美しい瞬間をとらえたプロダクトです。アクリル樹脂への封入、加工、磨きの全ての工程を熟練の職人が1週間かけて、丹念に手作りしています。
封入された植物の、その削ぎ落された造形は、自然が創造した究極の機能美。花や、種、実などの、小さなパーツの中に広大な宇宙が広がっています。
生活を彩るインテリア、360度観察できる立体図鑑として、お子様から大人の方までお楽しみ頂けるプロダクトです。


〒604-8432 京都市中京区西ノ京南原町37
電話:075-366-8933

pagetop