NEWS

semohと現代アーティスト佃弘樹氏によるイベントを開催。<br>コラボレーションアイテムを多数販売

2019/03/20

semohと現代アーティスト佃弘樹氏によるイベントを開催。
コラボレーションアイテムを多数販売

  • ツイート
  • ツイート
  • LINEで送る

ドメスティックブランド「semoh (セモー)」と現代アーティスト「佃弘樹 (ツクダ ヒロキ)」氏によるイベントを、アーバンリサーチ 表参道ヒルズ店にて開催いたします。

このイベントでは、semohと過去に幾度かコラボレーションしてきた佃氏による新シリーズの先行発売もあり、会期中、店頭に佃氏によるインスタレーション作品が展示されます。
佃氏が参加している、森美術館にて現在開催中の六本木クロッシングでの作品と、この場所で見る作品と、それぞれの体験をお楽しみいただけます。

ローンチされるシリーズの他に、インポートのデットストック生地を使った、アーバンリサーチと「semoh」によるコラボレーションシャツがアーバンリサーチ 一部店舗でも販売いたします。
この機会にアートと洋服の結びつきを体感してください。

「semoh HT」

当シリーズは、昔から親交のあるsemohデザイナー上山浩征と現代アーティスト佃弘樹が、semohのコレクション内でコラボレーションをしてきたことから始まります。
その中では、佃の描きおろし作品や過去の作品を、刺繍や柄織りした生地などで表現してきました。
始動します当シリーズでは、プリント技術を駆使し、佃の過去から現在の作品を再構築しながら制作していきます。
第一弾は、近年の半立体化されたペインティング作品を軸に、着用を考え平面化と配置をし、プリント技法を使い分けて奥行きを保っています。
ボディは、着心地とシルエットに定評のあるsemoh 独自のサイズ感と素材選びを基に、上山と佃が考える着やすさと現代的なシルエットによって、オリジナルを生みだします。
愛着を持って着続けていただける、semohと佃弘樹による衣服をお楽しみください。
※アーバンリサーチでは、表参道ヒルズ店のみのお取り扱いとなります。

TEE 商品番号:HTBS-001-UM94-I
価格:¥13,000 (税8% ¥14,040)
カラー:BLACK / WHITE
サイズ:1 / 2 / 3 / 4

TEE
商品番号:HTBS-002-UM94-I
カラー:BLACK / WHITE
サイズ:1 / 2 / 3 / 4
価格:¥13,000 (税8% ¥14,040)

LONG SLEEVE TEE
商品番号:HTBS-003-UM94-I
カラー:BLACK / WHITE
サイズ:1 / 2 / 3 / 4
価格:¥14,000 (税8% ¥15,120)

LONG SLEEVE TEE
商品番号:HTBS-004-UM94-I
カラー:BLACK / WHITE
サイズ:1 / 2 / 3 / 4
価格:¥14,000 (税8% ¥15,120)

BLOUSON
商品番号:HTBS-005-UM94-I
カラー:BLACK / GREEN
サイズ:1 / 2 / 3
価格:¥33,000 (税8% ¥35,640)

semoh × URBAN RESEARCH シャツ

【発売日】
2019年3月21日(木) 順次発売

【販売店舗】
アーバンリサーチ 表参道ヒルズ店ルミネ新宿店ルクア イーレ店、ソラリアプラザ福岡店
アーバンリサーチ オンラインストア

semoh (セモー)

http://semoh.byhiroyukiueyama.com
デザイナー上山浩征により2012 年春夏から始動。2014 年秋冬にウィメンズラインを同semoh 名義で展開する。
上山は、生地や衣服にまつわる職やフランスアンティークに精通する職を経ており、独自の審美眼と職務経験を活かした洋服の掘り下げ方から上質で独特なムードの洋服を提案。
ブランド設立から一貫したコンセプトのもと、素材選びを含む製作過程から、袖を通した時に衣服がもたらす印象までストーリーを意識し製作している。

佃弘樹 (Hiroki Tsukuda)

http://nug.jp/jp/artist/hiroki_tsukuda.html
1978年 香川県生まれ。
精力的に国内外で個展を開催し、一昨年発表した大作がニューヨーク近代美術館に収蔵されるなど、国際的な評価を高めている。
近年の個展
「199X」(NANZUKA, 東京 2018)、「HOUR OF EXCAVATION」(Neuer Aachener Kunstverein, アーヘン 2017)、
「HIROKI TSUKUDA」(Galerie Gisela Captain, ケルン 2017)、「Enter the O」(Petzel, ニューヨーク 2016)

pagetop