NEWS

彫刻家・上妻利弘による「スプーン作りワークショップ」を開催

2019/04/10

彫刻家・上妻利弘による「スプーン作りワークショップ」を開催

  • ツイート
  • ツイート
  • LINEで送る

4月27日(土)・4月28日(日)の二日間、アーバンリサーチ COCOSA熊本店にて、熊本県の和水町を拠点に活動している彫刻家・上妻利弘氏が講師を務める、スプーン作りのワークショップを開催いたします。
ご自身で木材を削り、自分だけのスプーンを製作していただきます。
ぜひご参加くださいませ。

スプーン作りワークショップ

【開催日時】
4月27日(土) 13:00〜 / 15:30〜
4月28日(日) 13:00〜 / 15:30〜

【開催店舗】
アーバンリサーチ COCOSA熊本店
〒860-0807 熊本県熊本市中央区下通1-3-8 COCOSA 1F
TEL:096-273-6268
営業時間:11:00〜20:00

【参加費】税込 3,500円

【定員】各回10名

【持参物】エプロン

【参加の予約について】
随時、参加のご予約を受け付けております。
(定員に達した場合、受け付けを終了いたします。)
ご希望の方は下記までお問い合わせくださいませ。
アーバンリサーチ COCOSA熊本店
TEL:096-273-6268

※左利きの方は事前にお知らせください。

彫刻家 / 上妻利弘

熊本の和水町を拠点に活動。
2007年 – 代表作の「SEIMEI」(1999年)シリーズの延長として、日常に使う道具“TETARAD”が生まれ、Parisの展示会で発表。
※TETARD(テタール)の名前の由来はフランス語でおたまじゃくし。
2014年 – 自身のカフェギャラリーをオープンするにあたり器なども制作するようになる。
パリや東京、福岡のフレンチのレストランなどのオリジナルのプレートも制作。
現在、彫刻家としての作品と並行し、使う道具として器も多く手がけている。

pagetop